YouTubeはこちらをクリック

善光寺東海別院(天台宗)林さん

善光寺東海別院

極楽をこの世で拝める善光寺

言い伝えによりますと天正十年(1582年)織田信長・信雄によって善光寺ご本尊如来さまが岐阜より尾張甚目寺へ御遷座の途中、祖父江付近に立ち寄られたとあり、
その場所に明治四十二年・四十三年と蓮田であった境内地に1本の茎から二つの花が咲くという奇瑞を縁として、
開基旭住上人が信州善光寺本坊大勧進より善光寺如来さまを勧請して善光寺東海別院を創立しました。

善光寺東海別院は信州善光寺の別院です。
山号を双蓮山、寺号を善光寺と称します。

善光寺如来さまは、現当二世(この世もあの世も)お守り下さるありがたい仏さまです。

善光寺東海別院の本堂は善光寺特有の撞木(しゅもく)造りで間口8間奥行12間の総欅造りの大伽藍です。
信州善光寺の本堂の約3分の2の大きさを誇ります。

公式HP

お坊さんによるお寺紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です