YouTubeはこちらをクリック

岐阜善光寺(真言宗)松枝さん

織田信長公により、善光寺仏の安置されたお寺

戦国時代、甲斐の武田信玄公は信濃善光寺から善光寺如来様を持出し、甲府に新善光寺を建立しお祀りしました。信玄公が没すると、織田信長公によって岐阜に迎えられます。本能寺の変後は、信長公の次男織田信雄公により尾張の甚目寺に、豊臣秀吉公によって京都の方広寺に、徳川家康公により遠江浜松の鴨江寺に移され、そして信濃善光寺の本所にお帰りになったのであります。

公式HP参照)

お坊さんによるお寺紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です