YouTubeチャンネルのご紹介 >>>

【招待制】僧造-SOUZOU- 現代の寺子屋づくり オンライン僧伽

現代の寺子屋とは?

「真の豊かさ」を、
みんなで学び考えるための場所です。

コロナ渦の中、
メンタルヘルスは平常時の
何倍も揺れていると伺います。

お寺は場の持つ力、教えの持つ力で
心を癒し、強化します。
今こそこの力を発揮する時だと
思っています。

修行の内容

きづきカフェ(月1 20:00-21:00)

毎月トークのテーマを決めて、
お坊さんを交えて
新たなきづきを得られる場を目指して

メンバーで作り上げる語り場。

<きづきカフェ 進め方>
① カフェの意図・ルール説明
② 運営自己紹介
③ 参加メンバー自己紹介(30秒以内)
④ トークテーマに沿ってお悩み・疑問・意見を話合う
⑤ お坊さんからトークテーマに沿ったお話
⑥ 感想のシェアリング
⑦ オンライン僧伽のご説明

きづきカフェの会話を一部紹介!

第1回 経営とは

お話の一部)感情のコントロール

近藤さん

感情的になるとき(特に怒りがわくとき)は思考が止まっているとき。自分の状況をいかに高い視座で捉えることができるかが重要。

自分自身の変化や周囲の変化を感覚的に捉え続ける、観察し続けることで、自分自身の感情に左右されなくなってくる。

お話の一部)僧侶から見た資本主義

近藤さん

『どう稼ぐか』と『どう生きるか』はまた別のお話。『経営』はもとは仏教用語であって、『経営』の『経』は一括してまとめる紐や縦糸。『営』は行動。つまり、『経営』=『智慧と慈悲』であって、『学びと行動』に他ならない。

お話の一部)経営者Tさん

Tさん

コントロールするばかりでなく、『コントロール外のときのことが起こった場合にどうするのか』ということが経営で大事になるのではないか。(この後も意見の交換)

お話の一部)自営業者 Yさん

Yさん

自然災害や他者はコントロールできない。自分自身しかコントロールできない。
しかし、コントロールできないものをコントロールしようとして、コントロールできる自分自身(とくに感情)をコントロールしないのが、今の社会なのではないか。

参加者のご感想で多いもの

・自分の仕事の振り返りになった!
・明日から考え方を変えよう!というきっかけをもらえた!
・あまりお坊さんと供養以外のお話を聞く機会がなかったので楽しかった!
・悩みが晴れて気が楽になった!

これまでの議題

第1回 経営とは

第2回 自分とは

第3回 社会のルールについて

第4回 炎上の構造と社会・個人の成熟度

第5回 理想の働き方

次の議題

第6回 10月25日20時~ 

仏教×SDGs

17個あるSDGsの項目の中から、
仏教の教えによってきづきを得られる
項目に対するお話をいくつかしていきます!

HPのお問合せからでも受け付けております!
基本は招待制とさせていただいてますため、
まずは一度お話させていただけましたらと思います!

吉水講堂 (月1 20:00-21:00)

読書会と、
仏教用語テーマの写真大喜利をしてます!
次回は10月27日(水)

読書会 概要

実際に読書してくるかは任意。

仏教とは少し違うテーマの本をもとにしながら
お坊さんを交えてお話します。

仏教用語で写真大喜利! 概要

仏教用語をテーマで選び、事前に、

たぶん、、こんな意味??かなあ、、

と予想の上イメージに合うお写真を撮ってきてもらい、

僧侶えいしょう

で、ではなぜこちらが般若のイメージなのでしょうか。。

とみんなで和気あいあいとお話する企画です!一番ゆるい企画です。

仏教用語で写真大喜利! テーマ

1語目 三毒

2語目 般若

次回 主人公

HPのお問合せからでも受け付けております!
基本は招待制とさせていただいてますため、
まずは一度お話させていただけましたらと思います!

豊かさを生み出すための企画会議 (月1 20:00-21:00)

僧造は、みんなで創り上げる修行場
していきたいと思っております。

この会議は、メンバーの皆様と、
以下のようなことを話し合う会議です!

・きづきカフェや吉水講堂の次回のテーマ
・今後、僧造でやりたいコンテンツ

企画会議で増えた企画

アニメ会

アニメについて、語りましょう!!!というオフ会
(修行コンテンツではなくメンバー向けレクリエーション)

なでぜ今、仏教なのか?

仏教の目指す悟り、それは悩みなく、何事にも動じないゆとりのある状態
2,500年、お釈迦様に始まる仏教ではその手法・考え方を語り継いできました。

インドから中国へ、そして日本に仏教が伝わってからも、
一法人でもあるお寺は1,500年間もの間 続いています。
そこには普遍的に求められる人にとって大切な価値観が必ずあります。

『オンライン僧伽』とは

オンライン化の進んだ今、
昔、
仏教徒が最適としていた修行スタイル僧伽(サンガ)を、
現代に合った形で復活させたい!
そんな思いから出来た
オンラインの心の修行場です。

現代社会にも通ずる「心を豊かにする仏教のエッセンス」
学び、見つけていきましょう。

僧伽 運営メンバー

河村 英昌

僧侶えいしょう

浄土宗 大光寺 副住職
㈱神社仏閣オンライン 共同代表
株式会社NTT スマートライフ推進部
経済産業省主催
「始動Next Innovator」第6期
著書『明日から話せる日本の宗教』

近藤 玄純

近藤玄純

㈱マニュアルズ 経営顧問
㈱シェアウィング アドバイザー
一般社団法人SOCIALTEMPLE 代表
日蓮宗妙性寺(山梨)住職
世界3大荒行
『日蓮宗大荒行』2回満行

他、インターン生1名

会員制度

[入会金・会費]

会員 入会金  なし(無料キャンペーン)

   会 費  5,000円(税込)/月 (初月無料)

 [入会条件]

・当オンライン僧伽の目的に賛同をしていただける法人及び団体、個人事業者

※法人は各法人より1名のみ法人会員と認められる。

・その他利用規約に定める

利用規約(律:僧伽のルール)

当サービスのご利用に際し、以下の規約を読み、
その内容に同意していただくことが必要となります。

第1条 本規約の目的及び適用

本利用規約(以下「律」といいます。)は、㈱神社仏閣オンライン(以下「当社」といいます)が運営し、提供する「僧造-SOUZOU- 現代の寺子屋づくり(オンライン僧伽)」というウェブサイト、及びこのウェブサイトに付随して提供するオンライン僧伽その他全てのサービス(以下、これらを総称して「本サービス」といいます)に関し、当社および本サービスを利用する会員の権利義務を定めることを目的とし、本サービス利用に関する一切の取引・関係に適用されます。

第2条 用語の定義

律において使用する用語の意味は、次に定めるとおりとします。
1 「会員」とは、オンライン僧伽に会員利用登録した本サービスを利用する全ての人をいいます。
2 「企画」とは、それぞれの定めた目的のために共同での勉強会、制作活動、講演会、イベントなどを実施する僧伽内のそれぞれに独立した活動母体のことをいいます。
3 「コンテンツ」とは、企画での制作物、その他画像、テキスト、動画、音声等本サービスに掲載できる情報をいいます。本コンテンツに関するすべての権利は㈱神社仏閣オンラインに帰属します。
4 「本サイト」とは、当社が運営する「僧造-SOUZOU- 現代の寺子屋づくり(オンラインの僧伽)」というウェブサイト(https://www.facebook.com/groups/473176863837144)をいいます。
5 「僧造-SOUZOU-」では『真に豊かな社会』を実現することを目指しています。会員はきづきカフェや企画会議への参加、企画での活動を通して、また意見・感想の発信を通して、会員同士で情報共有や意見交換できます。当僧伽の利用にはFacebookアカウントが必要です。
6 「当システム」とは、僧伽で利用する決済システムのことをいいます。

第3条 個人情報の取扱い

本サービスでは、個人情報について、当社が別途定めるプライバシーポリシーの定めに従い、取り扱うものとします。

第4条 会員の権利

会員は、オンライン僧伽において、きづきカフェ、企画会議に参加できる他、企画会議で立ち上がった企画を運営・参加、企画の中のコンテンツに対する意見・感想などをコメント・返信することができます。ただし、企画の運営・参加については、その企画会議で誰がその企画に運営・参加するかを当社及び会員らで協議して決めることとする。

第5条 会員の責任

1 会員は、自己責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用するための機器の準備・保守・管理や、本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について全ての責任を負います。
2 本サービスを利用して意見・返信を発信する会員は、当社に対し、当該内容が第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。
3 会員およびは、自己管理に属する個人情報を登録するものとします。

第6条 利用料金

1 会員は、当社に対し、当社が別途定めるプランの料金を、毎月、会員サービスの利用料金として支払うものとします。
2 本サービスの内容変更等により、利用料金を改定する場合があります。なお、利用料金を改定する場合は、当社は会員に適用1か月前にFacebook内にて通知するものとします。この通知を受けて利用料金の改定に了承できないと判断される方は、第10条に従って解約手続を行って下さい。解約手続が行われない場合には、同通知をもって利用料金の改定について了承があったものと取り扱い、本条3項に基づき利用料金が発生することとなります。
3 当社が利用料金を変更した場合、次月の支払い日において変更した改定後の利用料金が適用されるものとします。
4 領収書は、当システムで決済をされた場合、オンライン上からご自身でPDF電子領収書のダウンロードをお願い致します。当社は、直接ユーザーに対し利用料金等にかかわる領収書、通知書等を発行しないものとします。
5 利用料金の支払いを遅滞した場合、会員は年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

第7条 支払時期

1 会員は本サービスの利用期間に相当する期間の本サービス利用料1ヶ月分を前払いします。
2 振込時期は利用月の月初とします。

第8条 本サービスの利用期間

本サービス利用期間の計算は、会員が本サービスの申し込みをし、当社サービスにアクティベイトが完了した日を第1日目とします。以降、支払いを行った分の期間まで、本サービスを利用できるものとします。

第9条 返品・キャンセルについて

1 購入完了後における、会員およびの都合による注文キャンセルには原則として応じられません。また、お支払いただいた代金の返金も致しません。ただし、以下の場合のみ、返品・キャンセルを承ります。利用期間開始前までに注文者自身が当社側へ返品・キャンセルの依頼を行い、当社がこれを承諾した場合。
2 デジタルコンテンツという商品の性格上、返品は一切お受けできません。性質上、返品扱いではなく、不良時の対応となります。不良時の対応は、サイトが1か月の間、閲覧が不可能だった場合、弊社調査により課金の取消を行います。会員側の環境による不具合につきましては、返品不可となります

第10条 解約・退会

  • 会員は、本サービスの利用登録を解約・退会する場合、CAMPFIRE(https://camp-fire.jp/)上から解約手続きを行うこととし、当該解約手続きの完了をもって、当該サービスの利用契約が解約されるものとします。この場合 、会員は自己の責任において、当社からの解約に関する通知を確認するものとします。

2 前項に基づき会員が退会した場合でも、当社は、既に受領した利用料金の返金は行いません。
3 会員が第1項により本利用契約を解約した場合、当社は会員情報を消去することができます。

第11条 におけるコンテンツの更新と返金

僧伽におけるコンテンツの更新と返金について、以下のように定めます。
1 事前の告知なくサイトの運営が1カ月停滞した場合、当社は、会員に当該停滞した月分の利用料金を返金します。
2 前項により当社が会員に対して返金を行う場合、クレジットカードの場合は料金1カ月分を返金します。

第12条 コンテンツに関する権利

1 企画のコンテンツの著作権その他一切の権利は、当社に帰属します。ただし、別途覚書を作成し、当社が承認したコンテンツの一部における権利は申請者に帰属します。
2 僧伽において、会員が退会した場合(会員自身が継続課金の解除を行った場合等理由を問わず会員資格を喪失した場合を広く含みます)、会員が僧伽を利用する権利は、退会時に即時喪失するものとします。
3 僧伽の企画での活動内容やコンテンツに関して、著作権者の許諾なしに転載・引用する行為は、当社の明示的な許諾がある場合を除いて、サービスの特性上強く禁止させていただきます。

第13条 免責事項

1 当社は、本サービスを利用したこと又は利用ができないこと、本サービスからのリンク先を利用したこと又は利用ができないことによって引き起こされた損害について、直接的又は間接的な損害を問わず一切責任を負わないものとします。本規約の条項のいずれかに会員が違反した場合も、会員は当社に対しての主張、訴訟その他全ての法的措置から当社を免責するものとします。本サービス利用により発生した通信料について利用者に争いが生じた場合も、当社は免責されるものとします。
2 当社は、本規約又はその他の利用条件等に違反する行為又はその恐れのある行為が行われたと判断した場合には、警告ののち、会員の場合は僧伽からの退会処分を含めたあらゆる処置をとります。特に悪質な場合については、警告なしで当該処置を行うこともあります。それによって生じたいかなる損害についても当社は責任を負いません。

第14条 禁止行為

1 会員は、本サービスの利用にあたり、以下の各号に該当する事項及び行為を行ってはならないものとします。以下の禁止行為に違反した場合には、僧伽からの強制退会、利用停止などを含めたあらゆる措置をとることがあります。
・法令に違反する行為及び違反する行為を幇助・勧誘・強制・助長する行為
・性的、わいせつ的、暴力的な表現行為
・他人に過度の不快感を及ぼすおそれのある、あるいは誘導する行為
・本サービスの利用するサーバーに過度の負担を及ぼす行為
・他の利用者の本サービス利用を妨害する行為
・他人の名誉、社会的信用、プライバシー、肖像権、パブリシティ権、著作権その他の知的財産権、その他の権利を侵害する行為(法令で定めたもの及び判例上認められたもの全てを含む)
・他の利用者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為
・差別につながる民族・宗教・人種・性別・年齢等に関する表現行為

・特定の宗教・信仰を他人に強要する行為
・自殺、集団自殺、自傷、違法薬物使用、脱法薬物使用等を勧誘・誘発・助長するような行為
・当社の許諾を得ない売買行為、オークション行為、金銭支払やその他の類似行為
・当社の許諾を得ない商品やサービスの広告、宣伝を目的としたプロフィール内容の公開、その他スパムメール、チェーンメール等の勧誘を目的とする行為
・他人の名義、その他会社等の組織名を名乗ること等による、なりすまし行為
・僧伽外における、僧伽オーナーおよび僧伽ゲストに対する誹謗中傷・嫌がらせなどの行為
・第12条4項に抵触する、僧伽内コンテンツの転載・引用行為
・公序良俗、一般常識に反する行為
・その他上記に準じる行為、当社が不適切と判断する行為
2 上記禁止行為によって該当会員に対して処置をとった場合、会員は強制退会処理となります。

第15条 反社会的勢力の排除

1 会員は、次の各号の事項を確約するものとします。

(1) 自ら若しくはその子会社が、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下、併せて「反社会的勢力」という。)ではないこと

(2) 自ら若しくは子会社の役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう。)が反社会的勢力ではないこと

(3) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、会員になったものでないこと

(4) 本物件の引渡し及び売買代金の全額の支払のいずれもが終了するまでの間に、自ら又は第三者を利用して、本サービス利用に関して次の行為をしないこと

ア 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為

イ 偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為

(5) 反社会的勢力が経営に実質的に関与していないこと

(6) 反社会的勢力に対して資金の提供等の利益の供与、又は便宜を供与するなどの関与をしていないこと

2 会員が、次のいずれかに該当した場合には、当社は、何らの催告を要せずして、強制退会、利用停止などを含めた措置をとります。

(1) 前項第1号又は第2号の確約に反する申告をしたことが判明した場合

(2) 前項第3号の確約に反し本契約を締結したことが判明した場合

(3) 前項第4号の確約に反した行為をした場合

3 本条に定める規定により本契約解除ないし退会又は利用停止(以下、「解除等」といいます。)となった場合には、解除等された者は、解除等により生じる損害について、その相手方に対し一切の請求を行いません。

第16条 本規約及びその他の利用規約等の有効性

本規約及びその他の利用条件等の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約及びその他の利用条件等のその他の規定は有効とします。

第17条 準拠法及び管轄裁判所

1 本規約の準拠法は、日本法とします。
2 会員と当社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

  • 本規約は、2021年3月1日から施行します。

2 本規約の施行前に会員によって行われた行為についても本規約が適用されます。

以上

■決済方法のご案内

CAMPFIREコミュニティは以下のお支払い方法に対応しています。
・クレジットカード (VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express)
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い
・ドコモ払い ※参加費の上限1,000円まで
・PayPal
・Apple Pay (MasterCard/JCB/American Express) ※Safariからのみ利用可、初月無料は対象外

※決済方法は追加変更が発生する場合があります。最新情報は以下ヘルプページをご確認ください。
ヘルプページ